ソフトバンク、3辺狭額縁デザインを採用した「AQUOS PHONE Xx 302SH」を12月6日に発売、現在予約受付中

投稿日時 11月 23rd, 2013 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



ソフトバンクは11月22日、SoftBankスマートフォンの2013年冬モデル「AQUOS PHONE Xx 302SH」の予約受付を開始しました。発売予定日は12月6日です。12月5日までに予約受付を行うとソフトバンクポイント10,000ポイントがプレゼントされる冬スマホキャンペーンも実施されています。

AQUOS PHONE Xx 302SHは、5.2インチ1,920 x 1,080ピクセルのS-CGシリコン液晶とSnapdragon 800 MSM8974 2.2GHzクアッドコアプロセッサを搭載したハイスペックモデル。端末画像を見ての通り、本体前面の3辺(両端と上部)で狭額縁設計を採用したところが大きな特徴です。これにより、画面サイズは前作(206SH)よりも拡大していますが、本体サイズはコンパクトに仕上がっています。これまでにないデザインの機種なので、興味のある方は多いと思います。私もこれは欲しいと思っています。

また、302SHはLTE対応機種なのですが、従来のAXGP(TD-LTE)の「SoftBank 4G」だけではなく、FDD-LTE方式の「SoftBank 4G LTE」にも対応しています。デュアル対応の機種は「Hybrid 4G LTE」対応機種と呼ばれています。FDD-LTEではソフトバンクの2.1GHz帯とイーモバイルの1.7GHz帯の周波数(10MHz幅)が利用可能です。

OSはAndroid 4.2.2(Jelly Bean)を搭載しており、フルセグ、ワンセグ、おサイフケータイ、赤外線通信、防水(IPX5/IPX7)などの定番の機能にも対応しています。カメラを英文にかざすだけで日本語に翻訳してくれる「翻訳ファインダー」機能、F値1.9の明るいカメラレンズを搭載。カラバリはラピスブルー、ホワイト、ブラック、ピンクの4色。

Source : ソフトバンク

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5