シネックスインフォテック、液晶ブランド AOCのAndroid搭載21.5型スマートタッチディスプレイ「A2272PWHT」を12月中旬に発売

投稿日時 12月 4th, 2013 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。
このエントリーをはてなブックマークに追加



シネックスインフォテクは12月4日、21.5インチ液晶を搭載したAndroid PC&モニタ「A2272PWHT Smart Display with Android」を12月中旬に発売すると発表しました。

A2272PWHTは、台湾の液晶メーカー TPV社がAOCブランドの下で発売した製品で、タッチパネルを搭載しているのでビッグサイズのAndroidタブレットとして、Android PCとして、さらに、VGAとHDMI入力端子1系統ずつ搭載しており、他の機器の外部モニタとして利用できます。

本体にはサーバなどでよく利用するKVMの機能が内蔵されており、Androidと外部接続機器の表示をワンタッチで切り替えることが可能。大画面タッチパネルを生かしてデジタルサイネージにも適しています。

ディスプレイは21.5インチ1,920×1,080ピクセルのADSパネルを採用。輝度は250cd/㎡、コントラスト比は50,000,000:1、応答速度は5ms、視野角は水平178°/垂直178°。また、15°~57°でチルトできる機構も備えています。

プロセッサはAmlogic 8726-MX 1.5GHzデュアルコア、RAM容量は1GB(DDR3)、内蔵ストレージの容量は8GB、SDカードスロットもあります。カメラは前面に720p動画の撮影も可能なWEBカメラのみ。ネットワーク機能はWi-Fi b/g/nと有線LAN(10/100Mbps)のみ。その他、USB 2.0×4、スピーカー(2W×2)、マイク、ケンジントンロック穴なども搭載。

A2272PWHTの販売価格は44,800円。家電量販店やネットショップなどの同社の販売チャネルを通じて発売されます。

Source : シネックスインフォテック発表文AOC製品ページ

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5