ラトックシステム、Miracast/Intel WiDIに対応したワイヤレスディスプレイアダプタ「ScreenBeam Pro」を12月下旬に発売

投稿日時 12月 6th, 2013 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース, 周辺機器・アクセサリー
コメントは受け付けていません。



ラトックシステムは12月5日、MiracastとIntel WiDiに対応したワイヤレスディスプレイアダプタ「ScreenBeam Pro」を12月下旬に発売すると発表しました。価格は10,400円です。Androidユーザーの方にとっては数少ないMiracastレシーバーの選択肢が増えることになりますね。

ScreenBeam Proは、本体サイズ78 × 75 × 20mm、重量66gの小型軽量のワイヤレスディスプレイレシーバー。HDMI入力端子を備えたテレビや外部モニタと接続することで、Miracast/Intel WiDiに対応したスマートフォンやタブレット、PCの画面の表示内容をワイヤレスで出力することができます。出力解像度は最大フルHDです。

この製品の特長としては、HDCPに対応しており、著作権保護機能(DRM)のかかった映像(録画番組など)を視聴できるところ、5.1chサラウンドに対応しており、ブルーレイなどのサラウンド対応メディアの音質が良いところ、マルチディスプレイ/ミラーの2モード動作をサポートしており、PCと接続した場合は2つモニタ(出力元と出力先)を使ってマルチモニタ環境を構築できるところです。WiDiで接続する場合はScreenBeam Proに接続したキーボードとマウスを使ってPCと同じ操作環境を構築できます。

Source : ラトックシステム

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5