Android 4.4.1端末は将来的にChromecastへの画面のミラーリングも可能に?それを思わせる変更が施される

投稿日時 12月 9th, 2013 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。



GoogleはAndroid 4.4.1(KOT49E)で「ワイヤレスディスプレイ」機能の仕様を一部変更したのですが、その変更内容が、将来的にAndroid 4.4.1端末がChromecastへのミラーリングに対応するのではないかとの憶測を呼んでいます。

変更内容は、Android 4.4までの「ワイヤレスディスプレイ」が「画面のキャスト」に改称となり、そのメニューに入ると、Miracastベースのワイヤレスディスプレイ機能のON/OFFオプションがメニュー内に移動したことです。Miracatが「画面のキャスト」の機能の一つになったことになります。

GoogleはChroecastにコンテンツを出力する操作を「Cast」と呼んでおり、Google Cast SDKやPC用のChrome拡張機能でもその名前を使っています。この「Cast」がAndroidに追加されたこと、また、Miracastがオプション機能になったことを考えると、今後、「画面のキャスト」にChromecastが表示されるようになり(現在は表示されません)、画面全体をミラーリングすることも可能になると推測されます。Chromecastを普及させることを考えるとそうするべきでしょう。これが実現すればChromecastの利用価値が上がり、利用者も増えることでしょう。

Google Cast SDKはまだ正式リリースされていないので、この機能が利用できるようになるのはその正式リリースのタイミングが濃厚と思われます。現在、「画面のキャスト」にChromecastは表示されないので、Chromecastのファームウェアアップデートも必要になるでしょう。

Link : Android.com

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5