NTTドコモ、「Xperia Z1 SO-01F」のソフトウェアアップデートを開始、STAMINAモードやホワイトバランス調節機能、docomo ID認証などに対応

投稿日時 12月 16th, 2013 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。


NTTドコモは12月16日、Sony Mobile製Androidスマートフォン「Xperia Z1 SO-01F」に対して、機能追加アップデートの提供を開始しました。

今回のアップデートでは、docomo ID認証や遠隔初期化機能、新バージョンの「ドコモバックアップアプリ」、伝言メモに対応します。また、Sony Mobile独自のSTAMINAモードやホワイトバランス調節機能、スモールガイド機能も追加されます。このほか、純正クレードルで充電した後に電源ボタンを押してもスリープモードから復帰しない現象にも対処しています。

docomo ID認証は、ドコモメールのメールアドレス(@docomo.ne.jp)をdocomo IDとして登録することで、各種ドコモサービスをアプリごとのログイン操作不要で利用することができます。Googleアカウントを登録しておけばGoogleアプリをログイン操作不要で利用できることと基本的に同じことです。

docomo IDを一度登録すれば、次のドコモサービスのアプリをログイン不要で利用することができます。「ドコモ電話帳」「iコンシェル」「データ保管BOX」「ケータイデータお預かりサービス」「ドコモクラウド設定」「docomo Application Manager」、「ドコモメール」「iチャネル」「フォトコレクション」「メール翻訳コンシェル」「i Bodymo」「ビジネスmopera あんしんマネージャー」「ショッぷらっと」。

また、Wi-Fiオプションパスワードが今回のアップデートでdocomo IDに統合されるので、docomo IDを登録しておけばWi-Fi接続時でもドコモサービスのアプリを利用できます。さらに、docomo IDは今後開始されるドコモメールのデスクトップ版のログインアカウントとしても使用されます。

次の遠隔初期化機能は、My docomoサイトより端末の内蔵ストレージとSDカード内のデータを消去するセキュリティ機能です。新バージョンの「ドコモバックアップ」アプリでは、SDカードバックアップ対応項目のうち、音楽、ブックマーク、通話履歴、ユーザ辞書をデータ保管BOXにアップロードすることが可能になります。

Sony Mobileが独自に追加したSTAMINAモードは、スリープ中のアプリの稼働を停止することで消費電力の抑制を図る節電機能です。ホワイトバランス調節機能は、ディスプレイの表示カラーを色相環を使って調節できる機能です。使い方はこちらの記事で紹介しています。

更新ファイルはSO-01F単体でダウンロード可能です。SO-01Fの設定メニューを表示後、「端末情報」→「ソフトウェア更新」→「更新を開始する」より手動で即時アップデートを実施できます。アップデートにかかる時間は約15分です。アップデート後のソフトウェアビルドは「14.1.H.1.281」。

Source : NTTドコモ

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5