ソフトバンク、4.5インチフルHDのIGZO搭載「AQUOS PHONE Xx mini 303SH」の予約受付を開始

投稿日時 1月 31st, 2014 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



ソフトバンクは1月31日、シャープのコンパクトな大画面スマートフォン「AQUOS PHONE Xx mini 303SH」の予約受付を開始したと発表しました。発売時期は2月下旬以降のままです。

303SHは、4.5インチ1,920 x 1,080ピクセルのIGZO液晶とSnapdragon 800 MSM8974 2.2GHzクアッドコアプロセッサを搭載した「AQUOS PHONE Xx 302SH」の小型版。303SHでも3辺狭額縁の「EDGEST」デザインを採用しており、4.5インチ端末ながらも4.0~4.3インチ端末並みのコンパクトさを実現しています。

また、従来のAXGP(TD-LTE)の「SoftBank 4G」方式だけではなく、FDD-LTE方式の「SoftBank 4G LTE」に対応。消費電力の低いIGZO液晶と2,120mAhバッテリー、省電力機能の組み合わせによって、フル充電で2日は持つという長持ちであるところや、カメラを英文にかざすだけで日本語に翻訳される「翻訳ファインダー」機能などを搭載しています。

OSはAndroid 4.2.2(Jelly Bean)を搭載しており、ワンセグ、おサイフケータイ、赤外線通信、防水(IPX5/IPX7)などの定番の機能にも対応しています。フルセグには対応です。カラバリはターコイズ、ブラック、ホワイト、レッド、ブルー、ゴールド、ライトピンク、ビビッドピンクの8色。

メモリは2GB RAMと32GB ROM(Micro SD最大64GB対応)を搭載。カメラは背面に1,310万画素(裏面照射型CMOS、F1.9レンズ、AF、光学手ブレ補正、フラッシュ付き、1080pフルHD動画撮影対応)と前面に120万画素を搭載。ワイヤレス通信機能は、Wi-Fi a/b/g/n/ac、Bluetooth v4.0、DLNA(DTCP-IP対応)、FeliCa/NFC、赤外線通信などに対応。筐体サイズは124 × 9.8mm、質量は117g。

Source : ソフトバンク

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5