Samsung、米国で画面比21:9を採用したスマートフォンのデザイン特許を出願

投稿日時 3月 12th, 2014 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



Samsungが米国特許商標庁に21:9の画面比を採用したスマートフォンのデザイン特許を出願していたことが判明しました。

画像の端末はタブレットのように見えますが、提出された資料には「Mobile Phone」と記載されています。スマートフォン(それとも音声通話機能付き小型タブレット?)での適用を想定したものなのでしょう。

Androidスマートフォンのディスプレイと言えば16:9の画面比が主流です。21:9だと端末を縦に持った場合にかなり縦長になります。

画面比21:9だとシネマスコープサイズ(2.35:1など)の映画をそのままのサイズで再生できます。

2011年にはAcerから画面比21:9の「ICONIA Smart」が発売されましたが、お世辞にもヒットしたとは言えません。

Source : USPTO

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5