Galaxy SのAndroid2.2へのアップデート間近?「I9000XWJP6」、「I9000XXJPM」が公開

投稿日時 10月 14th, 2010 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース, Galaxy S
コメントは受け付けていません。

10月13日にSamsung関連のファームウェアを公開している「SamFirmware.com」に、Galaxy S向けオフィシャルAndroid2.2と言われるファームウェア「I9000XXJPM」、「I9000XWJP6」が公開されました。

このファームウェアはSamsung Opensource Release Centerに公開されたことでそうなっているのですが、とりあえずまだ正式版なのかどうかは分からない、ということのようです。もし、これらが正式版ということであればもうすぐKies経由でファームウェアのアップデートが開始されることになるでしょう。その前にSamsungから発表されるかもしれませんね。

とりあえず私はJPMより新しいと言われているJP6をGalaxy Sに焼き焼きしてみました。


ご覧のとおりJP6はベースバンドファームにJPMのものを使っています。JPMとJP6の違いはこちらで解析されていますが、大きくはそれぞれ別地域向けのファームウェアのようです。JPMがマルチCSC’(欧州向け)、JP6がXEE(ノルディックユーザ向け?)、PDA部分も異なるんですけどね・・。

JPM、JP6をGalaxy Sに約には、両方ともI9000XWJM8からのアップグレードが必要とされており、S

JPM:JM8を512PIT(OdinでRe-Partitionにチェックを入れる)で焼き焼き→JPMを802PIT(RePartitionにチェックを入れない)で焼き焼き
JP6:JM8を512PIT(OdinでRe-Partitionにチェックを入れる)で焼き焼き→JP6を802PIT(RePartitionにチェックを入れない)で焼き焼き

とりあえずベンチマーク。スコアは988。プチフリ感あり(対策が必要だと思います)、GPSは直っているみたい。捕捉が速かったです。


Source:SamFirmware

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5