2014年2月の国内スマートフォン出荷台数は約52万台と前年同期から大幅に減少(JEITA調査)

投稿日時 4月 12th, 2014 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



JEITAとCIAJは4月8日、2014年2月の国内携帯電話・PHSの出荷台数に関する調査結果を発表しました。

調査結果によると、2014年2月の携帯・PHSの総出荷台数は前年同期の59.5%となる約137万台と大幅に減少していました、スマートフォンについては前年同期の38,6%となる約52万台とこちらも大幅に減少していました。スマートフォン率は驚きの38.6%だったので、スマートフォンよりもそれ以外の出荷台数の方が多かったことになります。

前年同期に比べて大幅に減少した要因としては、前年は2月に春モデルの投入が集中していた一方で、今年は分散されたことによるものとされています。今年は春モデルの発売が前年に比べて大幅に少なかったことも影響していると思います。

PHSの出荷台数は前年同期の59.2%となる約12万台でした。



SOurce : JEITA

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5

    None Found