HT-03AにカスタムROM「CyanogenMod 4.2.8」を入れてみた

投稿日時 12月 14th, 2009 by juggly 投稿カテゴリ » カスタムROM
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。

遅ればせながらCyanogenMod 4.2.8をHT-03Aに入れてみました。
CyanogenMod 4.2.6以来のCyanogenModですが、一つ、二つ前のバージョンをすっ飛ばしてのご紹介です。

[ROM] CyanogenMod – Keeping You Legal For Less (STABLE) [UPDATED 12/12 - v4.2.8]

今回のアップデート、正しいかどうか良く分かりませんが、かなり大雑把に言うと、カーネルアップデート(多くのバグフィックスを含む)、compcacheモジュールのアップデート、ユーザアプリインストール時のZipalignの自動化、アプリラウンチャーの変更(見にくくなった)、Eclairのダイアラーをポーティング・・・と言ったところがメインだと思います。たぶん。

変更されたアプリラウンチャーです。個人的には非常に見にくいなぁと思います。

cm01
Eclairダイアラーはこれのことでしょうかね。

cm02
連絡先に写真が表示されるようになった?同じHT-03Aユーザで、Googleアカウントに自身の写真を掲載している方であればここに写真が表示されます。

cm03
恒例のシステム情報です。

cm04
Benchmark(CyanogenMod 4.2.6)

  • Graphics:135(131)
  • CPU:157(163)
  • Memory:107(122)
  • Filesystem:30(30)
ベンチマークスコア的には性能劣化していますね。特にMemoryの性能が著しく悪いです。ただ、レスポンス的には以前のCyanogenModと大差ないのでこれくらいのスコアの違いについてはそれほど気にする必要は無いと思います。

スコア上のMemoryの数値の劣化は、CyanogenModだけではなくDwangのカスタムROMにも同様に現れています。と言うことで、数値上下がっているかのように見えるだけなんでしょうね。

今回リリースされたCyanogenModは安定版なので、このまま使うと言う手もアリかな?と思っています。

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5