ジャパンディスプレイ、4K解像度を実現した10.1インチのタブレット向け液晶パネルを開発

投稿日時 4月 23rd, 2014 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



ジャパンディスプレイ(JDI)は4月23日、4K解像度を実現した10.1インチのタブレット向け液晶パネルを開発し、サンプル出荷を開始したと発表しました。遂に10.1インチタブレットも4K時代に突入ですね。

JDIの開発した液晶パネルは、対角25.58cm(10.07インチ)で解像度3,840×2,160ピクセル(438ppi)を実現しています。市販されている10.1インチの”高解像度”パネルとしては、2,560×1,600ピクセル(WQXGA)が主流なのですが、画素密度はWQXGA版の約299ppiに比べて約46%も向上しています。

JDIは今回の液晶パネルをLTPS(低温ポリシリコン)技術を適用しており、特に消費電力で従来のアモルファスシリコンTFTの10.1インチWQXGAパネルと同程度にまで抑えられたとしています。

ユニット寸法は231 x 140.9 x 2.35mm。NTSC比は71%。コントラスト比は1100:1。視野角は上下/左右160度。輝度は最大400cd/m^2、消費電力は2,180mW(バックライト 1,800mW:白400cd/m^2時+パネル380mW)。

Source:ジャパンディスプレイ

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5