Xperia Z2用カスタムカーネル「DooMKernel」が公開

投稿日時 5月 3rd, 2014 by juggly 投稿カテゴリ » ブログ
コメントは受け付けていません。



Xperia Z2初のカスタムカーネル「DooMKernel」がXDA Developersで公開されました。

DooMKernelはClockworkModとTWRPのカスタムリカバリ付きのカスタムカーネルで、主にパフォーマンスチューニング・最適化、カーネルオプションの追加サポート、ドライバのアップデートなどが行われています。現行バージョンのv02ではCPU/GPUのオーバークロックはサポートされていません。

主な改変内容は、カーネルレベルでのCPUクロック調節(最小300MHz、最大2.26GHzの固定)のサポート、新CPUガバナ「Intelli-active」の追加、GCC 4.8.3 Linaroツールチェインでの最適化、NTFS R/Wのサポート追加、新I/Oスケジューラ(BFQ、SIO、FIOPS)の追加、CPUFREQドライバの修正、LZOドライバのアップデート、LZ4ドライバの追加、intelli-thermalオプションの追加、init.dの起動スクリプトのサポート追加といったことです。

カーネルは「17.1.A.2.69」用のものをベースにビルドされています。導入方法は「17.1.A.2.69」を搭載したブートローダーアンロック済みXperia Z2に「Z2-DooMKernel-v02.img」をFastbootコマンドを利用してインストールするだけです。root化は行わないので、rootアプリを利用したい場合はこちらの記事を参考にしてSuperSU.zipをリカバリモードから導入してください。

Source : XDA Developers

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5