バッファロー、DTCP-IPに対応した500GB/1TBのポータブルワイヤレスHDD「HDW-PDU3シリーズ」を発表

投稿日時 5月 28th, 2014 by juggly 投稿カテゴリ » 周辺機器・アクセサリー
コメントは受け付けていません。



バッファローは5月28日、DTCP-IPに対応したAndroidでも使えるポータブルワイヤレスHDD「ミニステーション エア Wi-Fi接続ポータブルHDD(HDW-PDU3シリーズ)」を発表しました。発売時期は6月下旬で、全国の家電量販店やバッファローダイレクトなどで販売されます。

HDW-PDU3シリーズは、容量500GB/1TBのHDDを内蔵し、Wi-Fi通信機能とUSB 3.0端子を備えたポータブルワイヤレスHDDです。ラインアップは、500GBモデルの「HDW-PD500U3」と1TBモデルの「HDW-PD1.0U3」の2種類で、500GBモデルは22,100+税、1TBモデルは27,700円+税で販売されます。

HDW-PDU3シリーズの特徴は、ポータブルワイヤレスHDDとしては世界初となる「DTCP-IP」に対応したところです。これで、テレビやレコーダーなどで録画したテレビ番組を本機にムーブして、Wi-Fi経由でAndroidで視聴することができます。視聴にはTwonky Beamを利用する必要があります。

Androidでは、「Ministation Air2」アプリをインストールすることで、AndroidのファイルやフォルダをHDDに移動・コピペしたり、ストレージ上のメディアをストリーミング再生することができます。USB 3.0端子を備えているので、PCやMacでUSB外付けHDDとしても利用できます。

他にも、内蔵の3,020mAhバッテリーでスマートフォンを充電することも可能です。バッテリーの連続動画再生時間は12時間です。筐体サイズは84mm × 18mm × 145mm、質量は265gです。

Source : バッファロー

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5