HTC Beeは米国向けHTC Wildfire(Alltel向け)だった

投稿日時 10月 31st, 2010 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: , , ,
コメントは受け付けていません。

最近HTCが北米キャリア向けにHTC Wildfireの出荷を発表しました。そのWildfireはまず米Alltelから今年Q4に発売されることになっているわけですが、そのWildfireのコードネームが「HTC Bee」だったんです。

BeeがAlltel向けであることは、911HTCのROM情報から分かっていたのですが、米国向けWildfire=Beeのことだったのは、Android Centralが公開しているWildfireのハンズオン動画で分かりました。

こちらが以前リークされたBeeの端末写真、


そして、次の動画がAlltel向けWildfireのハンズオン動画。



同一端末ですね。

HTC Beeの仕様が分かったのが8月13日、当時はドイツ向けなのか?とかボケたことを言っていましたが、結局BeeもLexikonも米国(Verizon、Alltel)向けだったんですね。

しかし、その後8月28日にはBeeがWildfireの後継モデルだのやや近いことを言っていました。ただ米国向けWildfireもOSはAndroid2.1と、当初の仕様から若干変更があるみたいです。WildfireのCDMA2000対応版(デザインの変更もアリ)という端末になると思います。

Source:Android Central

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5