Lava、8コアプロセッサを搭載した新型Androidスマートフォン「Xolo Play 8X-1200」を発売、価格は同社最高額

投稿日時 8月 12th, 2014 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



インドのスマートフォンメーカー Lava が 8 コアプロセッサを搭載した新型スマートフォン「Xolo Play 8X-1200」を現地で発売しました。

Xolo Play 8x-1200 は、同社がこれまでに発売してきたスマートフォンの中で最も高額な機種になります。しかし、価格自体は 19 999 ルピー(約 33,400 円)と世界の水準からするとミッドレンジ。

Xolo Play 8X-1200 は、5 インチ 1,920×1,080 ピクセルの IPS 液晶ディスプレイ、MediaTek MT6592T 2.0GHz オクタコアプロセッサ(Cortex-A7×8)、Android 4.4.2(KitKat)を搭載。全体的に高いスペックを持ち、同社が最近発表した独自のカスタム UI 「Hive」を備えたところが特徴です。

メモリは 2 GB RAM と 16 GB ROM(Micro SD 対応)、カメラは背面に 1,300 万画素 Pure Cel イメージセンサー(裏面照射型 CMOS)と前面に 500 万画素(裏面照射型 CMOS)を搭載。バッテリー容量は 2,300 mAhです。ワイヤレス通信機能は Wi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0、GSM/EDGE/GPRS、WCDMA/HSPA+(21Mbps)に対応。筐体サイズは 143 x 68.5 x 9.7mm です。

Source : Xolo

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5