IFA 2014 : Sony、レンズ交換可能なレンズスタイルカメラ「ILCE-QX1」と30倍ズームの「DSC-QX30」を発表

投稿日時 9月 4th, 2014 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: , , ,
コメントは受け付けていません。


Sonyは9月3日、IFA 2014のプレスカンファレンスでスマートフォンに取り付けることも可能な“レンズスタイルカメラ”の新モデル「ILCE-QX1」と「DSC-QX30」を発表しました。

QX1は、Sonyのミラーレスカメラ「NEX」シリーズのEマウントを採用し、レンズの交換を可能にしたプロ向けの製品。QX30は、既存モデルと同じサイバーショットブランドのレンズスタイルカメラで、光学30倍のズームレンズを搭載した望遠撮影志向の製品です。

どちらも本体にWi-FiとNFCのワイヤレス通信機能、バッテリー、メモリカードスロット、Micro USB端子(充電)・データ通信用)などを内蔵しています。また、スマートフォン側に本体を取り付ける専用のアタッチメントも付属します。

QX1のイメージセンサーはAPC-Sサイズの2,010万画素Exmorで、画像処理チップ「BIONZ X」を搭載。動画は最大1,920×1,080ピクセル@30fps(MP4形式)で撮影できます。価格は$399なのですが、基本モデルにレンズは含まれていません。Eマウントを採用したレンズを別途調達する必要があります。NEXユーザーの場合は今持っているレンズが利用できるので、コストはさほどかからないと思います。米国での発売日は10月15日。

QX30のイメージセンサーは1/2.3型の2,110万画素Exmor Rで、F3.5~6.3のSony Gレンズ、画像処理チップ「BIONZ X」を搭載。動画は最大1,920×1,080ピクセル@60fps(MP4形式)で撮影可能。価格は$349です。米国での発売予定部は10月5日。



Source : Sony

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5