CyanogenMod 6.1 for Galaxy S(GT-I9000)ベータ版が公開、導入手順(ベンチマークスコアを追加)

投稿日時 11月 17th, 2010 by juggly 投稿カテゴリ » Galaxy S
コメントは受け付けていません。


先日紹介したCyanogenMod 6.1 for Galaxy S(GT-I9000)のベータ版ですが、ついに公開されました。

まだベータ版ですので動作しない機能や予期せぬエラーが発生することがあります。

Galaxy SのファームウェアはJPM以降のものを利用してください。

1.バッテリーがフル充電であること、内蔵ストレージに500MB以上の空き容量があること、Lagfix(プチフリ対策)を行っていないことを確認してください。Lagfixを適用している場合は解除しておいてください。

2.カーネル、CyanogeMod 6.1本体、Google Appsをダウンロードし、CyanogenMod、Google AppsをGalaxy Sの/sdcard(内蔵ストレージ)にコピーしておきます。

3.まずGalaxy SにOdin3のPDAに「cm_kernel_initial_GT-I9000.tar」セットし、Re-Partitonにはチェックを入れずにフラッシュ。PITファイルも不要です。

4.リカバリモードで起動。「ボリュームアップ」+「ホーム」+「電源」を長押し。

5.「wipe data/factory reset」でファクトリーリセットを行います。(必要であればファクトリリセットを行う前にNandroidバックアップを取得してください)

6.「install zip from sdcard」→「choose zip from sdcard」を選択して「CM6.1-GalaxyS-B20101117.zip」をフラッシュ。その後Google Apps「gapps-hdpi-20101114-signed.zip」もフラッシュ。

これで完了です。

※”Do not use GPS. It’ll kill your phone.”と注意が出ています。実際にGPSのON/OFF、Googleマップの位置取得などを行いましたがフリーズしたり、リブートを繰り返したりなどはありませんでしたが念のためにGPSを使わないことをお勧めします。(デフォルトでGPSはONになっていますが)

→GPSをONの状態でGPS Statusを使って確認しましたが、衛星を捕捉できませんでした。



Source:XDA
  • ソフトキーのタッチフィードバックが動作しない?
  • Bluetooth、GPS、Wi-FiはON/OFFできる
  • ディスプレイ輝度の自動調節が出来ない、効かない
  • プチフリ感は基本的にない

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5