Samsung、60GHz帯を利用した無線LAN技術を開発、転送速度は4.6Gbps

投稿日時 10月 13th, 2014 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。


Samsung は 10 月 13 日、来年には登場とみられる 60GHz 帯の超高周波数帯の電波を用いた無線 LAN による通信技術を開発したと発表しました。

60GHz 帯の無線 LAN 規格としては IEEE802.11ad が策定中です。これは、ギガビットクラスの転送速度を実現する  IEEE802.11ac  より新しい規格で、11ad では、理論上は最大 6.8Gbps の転送速度を実現しています。

Samsung が開発したのも 11ad に準拠したものでしょう。Samsungは今回、最大 4.6Gbps の転送速度を実現したと述べています。これは 1 秒間に 575MB のファイルを転送できることになり、DVD(4.7GB)の映像ならわずか 8 秒で転送できてしまいます。

60GHz 帯の無線 LAN は USB 3.0 の 5Gbps 並みの転送速度であるため、一般的な無線 LAN によるインターネットの高速化や高周波数帯を利用することによる干渉の抑制だけではなく、これまでケーブル接続が必要だった HDMI や DisplayPort などの外部機器の無線化にも期待されています。

60GHz 帯の電波を利用すると、通信速度は高速化する一方で、指向性が強くなり、到達範囲も狭くなります。Samsung は同社の無線 LAN 技術に全方向に対応するアンテナを開発し、通信状況の変化に応じて 3,000 分の 1 秒以内に通信環境をリセットする Beamforming 制御技術を導入して数十台の電子機器との同時接続を可能にするなど、60GHz 帯の電波を利用した無線 LAN を実用化するための取り組みも紹介しました、

Samsung は 60GHz の無線 LAN 機能を次世代のスマート機器や映像·医療機器、通信機器、家電、IoT機器に導入していくと述べています。

Source : Samsung

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5