HT-03AにカスタムROM「Super”D” v1.3.1」を入れてみた

投稿日時 1月 3rd, 2010 by juggly 投稿カテゴリ » カスタムROM
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。

最近人気上昇中のカスタムROM「Super”D” v1.3.1」をHT-03Aに入れてみました。

[ROM][32B/Dream][Super "D"][Exp][1/3]["Even...Even Faster Than a Speeding Donut"]

このカスタムROMの人気は、DwangカスタムROMのサクサク感、CyanogenModの多機能性、日本語ロケール対応、Android2.0(Eclair)ブラウザを含んでいるという、現状では夢のような作りであることだと思います。

で、今使っているDwang v1.17.1(改)からSuper”D” v1.3.1に変更してちょろっと使ってみました。

使ってみた感想ですが、『微妙だね・・・』と言ったところです。

確かにDwangよりもスクロールはスムーズな気がしますが、サクサクはしていない。WifiはON/OFFできるが、Bluetoothが未だ使えず、Eclairブラウザはなんだか動きが変。Overclock Widgetが使えないので少しイラっと・・・。

このまま、Super”D”を使うのか?と聞かれれば、『いいえ、Dwangに戻します』と言ってしまいそうです。







Benchmark(Dwang v1.7.1)

  • Graphics:112(127)
  • CPU:137(163)
  • Memory:105(107)
  • Filesystem:22(32)
一応、ベンチマークを取って見ました。スコア的にはDwang v1.17.1よりも明らかに低い数値を出しています。OverClock Widgetが使えなかったので、SetCPUでCPUクロックを128MHz~518MHzでスケールさせています。

スワップは何も弄っていません。

まあ、ベンチマークのスコアと体感速度は概ね合っていると思います。

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5