Xperia S、Xperia acro S、Xperia ionにAndroid 5.0(Lollipop)が移植される

投稿日時 12月 8th, 2014 by juggly 投稿カテゴリ » カスタムROM
コメントは受け付けていません。



だいぶ前に OS アップデートの打ち切られた Sony Mobile の 2012 年モデル「Xperia S」、「Xperia ion」、「Xperia acro S」に最新の Android 5.0 (Lollipop)が移植されています。


いずれも、「Snapdragon S3」プロセッサを搭載した今となっては古い機種なのですが、スペック的には Android 5.0 (Lollipop)の動作要件をクリアしている内容です。まだまだ現役ですね。


今回リリースされた ROM は AOSP をベースに ROM 開発者が独自にビルドしたものです。Xperia S 用は Android 5.0.1 をベースにしたものまで開発されています。それぞれ異る方が提供していますが、開発は継続しているようで、日々ビルドアップしています。


ROM の導入方法は ClockworkMod や TWRP などのカスタムリカバリ経由でインストールする方式を取っているので、ブートローダーのアンロックや root 化(リカバリを書き替えるため)が必要になります。


Source : XDA Developers(Xperia S)(Xperia S Android 5.0.1)(Xperia ion)(Xperia acro S

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5