CES 2015 : LGが開発したAudi車両と連携するOpen webOS搭載スマートウォッチのデモ動画

投稿日時 1月 9th, 2015 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



現在米国・ラスベガスで開催中の CES 2015 イベントで自動車メーカー Audi 向けに開発された Open webOS を搭載したLG製スマートウォッチが公開されました。


この製品は Audi の新型車両とスマートウォッチの連携機能を紹介したデモンストレーションの場で披露されました。当初この話題が伝えられたときには Android Wear を搭載しているとみられていましたが、実際には LG が HP より取得した webOS のオープンソース版が搭載されています。


スマートウォッチの外観は、LG が昨年 10 月に発売した「LG G Watch R」にも似ていますが、ボディはよりシンプルで、物理ボタンは 3 つも付いています。また、リストバンドも LG G Watch R のものとは異なるようです。


Audi は CES 2015 で同社の車両と Android 間の連携システムの開発で LG と業務提携を締結したことを発表しました。未発表スマートウォッチは今回の提携の一環で開発された Audi 限定モデルとみられます。


製品の UI は Android Wear に似ていますが、システム情報画面には「open WebOS」を表示されており、Snapdatagon 400 や 4.0 系カーネルを搭載していることも確認できます。伝えられているところによれば、この製品はセルラー機能を搭載しており、通話することも可能。また、Audi が 2016 年に発売する新型車両の情報を閲覧したり、遠隔で操作することもできるそうです。




Source : Android CentralPCWorld

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5