HT-03AにカスタムROM「Super "D" v1.5.1」を入れてみた

投稿日時 1月 10th, 2010 by juggly 投稿カテゴリ » カスタムROM
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。

最近、TwitterやHT-03Aユーザのブログなどで「DwangとCyanogenModの良いとこ取りですげーじゃん!」と人気の高いカスタムROM『Super “D”』なんですが、その最新版であるSuper “D” v1.5.1をHT-03Aに入れて見ましたのでご紹介します。

1/7 Super D Rom 1.5.1 [STABLE]

と、日付を見てみると1月7日でもう3日前の話だったんですね。と言うわけで後発組からのカスタムROM紹介となるようなので既にお試しの方には参考にならないかもしれません。

どうも、Super “D” v1.5から、先日Googleから正式発表されたAndroid端末「Nexus One」のテーマやアプリラウンチャー(下から引っ張るやつ)、一部のアプリを搭載したROMの利用できるようになっているみたいです。

Nexus Oneが気になるので今回は「v1.5.1 Black with Nexus Themed Launcher」を利用してみることにします。

Super “D” v1.5.1のホーム画面


Nexus One


Nexus Oneのアプリラウンチャーが使えていますね。

アプリラウンチャーを引っ張ってみると、上の方が家アイコンに変わると言う・・・。



日本語ロケールにも対応しているため、設定画面などは日本語化されています。(一部日本語化されない部分もありますけど・・)


とりあえず、いつもどおりのバージョン画面を表示しておきます。


Super “D” に含まれていたアプリの中で、「Car Home」と言うものがありました。これは、DroidやNexus Oneの記事や動画を良くご覧になっていた方にはおなじみのものだと思います。いよいよこのアプリが試せるようになったんですね。


HT-03Aを横に向けるとこんな感じです。表示されているアイコンをタップすると表示されている内容のアプリを起動することができます。運転時のショートカットのようなものですね。


Benchmark(Dwang v1.17.1)

  • Graphics:109(127)
  • CPU:160(163)
  • Memory:107(107)
  • Filesystem:30(32)
スコアが示すとおり、確かに画面レスポンスなどはDwang v1.17.1に比べてもっさりしていると思います。だからと言って使えないものではなくこのまま常用しても良いと思います。

どうなんでしょうかねぇ、これってNexus Oneのテーマを使ったROMだからなんでしょうかね。別のテーマを試してみようか。

そういえば、このSuper “D” v1.5.1では、以前のバージョン「v1.3.1」で利用できなかったWifi、Bluetoothの

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5