Google、2015年後半にプエルトリコで「Project Ara」のテスト販売を開始

投稿日時 1月 15th, 2015 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード:
コメントは受け付けていません。



米国時間 14 日に米国・マウンテンビューの Google 本社でモジュール型スマートフォン「Project Ara」の第 2 回デベロッパーカンファレンスが開催され、Project Ara に関する最新情報やロードマップ、MDK(Module Development Kit) v0.20 の説明などが Google ATAP 部門より発表されました。


Project Ara は特定の機能を持つ部品をユーザー自身で調達し、組み替えて 1 台のスマートフォンを構築・カスタマイズできる Android スマートフォンのことです。


ユーザーが気になる商用展開の話については、2015 年後半よりプエルトリコでテスト販売が開始されることが発表されました。パイロットテストを挟むのは市場の反応や Project Ara で不足している物事を把握するためで、まったく新しい製品の登場では当然のことだと思います。


テスト販売は現地のモバイルオペレーター OpenMobile と Claro の協力の下で実施され、現地の人はモジュールの販売先となるオンラインストア「Ara Marketplace」で各種モジュールを調達でき、Android アプリ「Ara Manager」でモジュールの組み換えなどを行います。


Google はテスト販売でプエルトリコを選択した理由を 2 つ挙げました。1 点目はプエルトリコ人の 75% がスマートフォンなどで初めてインターネット接続をするなど、モバイルの普及率が非常に高いこと、2 点目はプエルトリコは自由貿易地域に指定されており、世界中のモジュールを現地に輸入して販売しやすいという点です。


Project Ara のモジュールはオンラインで販売されますが、食品を乗せた台車で売り歩くような販売スタイルを実現することも計画しています。


Project Ara の価格はモジュールによって異なりますが、基本構成の価格は $50 前後になるとみられます。


Google はテスト販売の開始までに Project Ara を商品化する予定で、本日のカンファレンスではその試作機となる「Spriral 2」と 11 種類のモジュールが発表されました。モジュールはプエルトリコでのテスト販売までに 20 ~ 30 種類用意される予定です。


Spriral 2 では、3G の音声通話や主要なモジュールのホットスワップが完了しているそうで、2015 年 Q2 中の完成が計画されている次のバージョン「Sprial 3」では LTE などをサポートする予定です。



Source : Google

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5