ロシアのYota Devicesは背面にE Inkディスプレイを備えたYotaPhoneのタブレット版を開発中

投稿日時 1月 21st, 2015 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



背面に E Ink ディスプレイを備えた 2 画面スマートフォン「YotaPhone」を開発したロシアの新興企業 Yota Devices が YotaPhone のタブレット版を開発しているそうです。現地の日刊紙 Izvestia が 先週火曜の記事で報じました。


この情報は Yota Devices の CEO である Vladislav Martynov 氏が話したことだとされているので事実だと思われます。


同氏は、「(今後も)YotaPhone をコアプロダクトに置くつもりで、まだタブレットを製造するうえでの最終決定は下していませんが、発売するとしてもデュアルスクリーン仕様のためにコストは割高になるでしょう」と語ったそうです。


YotaPhone シリーズは 2013 年に登場し、昨年末に 2 代目「YotaPhone 2」が発売されました。YotaPhone 2 では、背面の E Ink ディスプレイがタッチ式に変わって電子書籍や Android アプリのタッチ操作が可能になったほか、反射型ディスプレイの特性を生かして 2 日は持つとされるウルトラ省電力機能も搭載しています。


YotaPhone のタブレット版の画面サイズは不明ですが、おそらく、Kindle リーダーの大型版になるでしょう。


Source : The Moscow Times

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5

    None Found