ソフトバンク、Tポイントが貯まる使える電子マネーサービス「ソフトバンクカード」を3月6日に提供開始、豊富なチャージ方法をサポート、送金や現金化も可能

投稿日時 2月 18th, 2015 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



ソフトバンク・ペイメント・サービスが VISA 加盟店で利用できる電子マネーカードと T ポイントカードが合体したような新サービス「ソフトバンクカード」を発表しました。ソフトバクカードの申込と発行は 3 月 6 日に開始されます。申込窓口はソフトバンク取扱店のみ。


ソフトバンクカードは前払い式の電子マネー「バリュー」と T ポイントを利用できる磁気カードのことで、バリューをチャージすることで国内外 3,800 万箇所の VISA 加盟店での支払(クレジットカードみたいに)やソフトバンク携帯の利用料の支払いに利用できます。一方、T ポイントはバリューでの支払い 200 円につき 1 ポイント貯まり、また、T ポイント加盟店で利用できます。


おおざっぱに言えば、ソフトバンクカードのメイン機能は上記の 2 つです。


バリューのチャージ方法は、チャージ専用の銀行口座に入金、Yahoo! Japan 傘下のネット系クレジット会社「ワイジェイカード」から自動的にチャージ(おまかせチャージ)、ソフトバンクのキャリア決済機能を利用してチャージ(ソフトバンクまとめて支払いチャージ)、T ポイントからのチャージ(100 ポイントが 85 円相当)、ワイジェイカードからキャッシングしてチャージ(今後提供予定)があります。


1 回のチャージ可能金額は 4,000 円 ~ 10,000円で、1 枚のソフトバンクカードにチャージ可能なバリューの上限は 100 万円です。


さらに、家族や友人などのソフトバンクカード宛に自分のソフトバンクカードからバリューを贈ることや、指定の銀行口座に現金として振り込める「現金バリュー」機能もあります(上限 25,000 円)。


このほか、オートチャージを設定しておくと、付与される T ポイントが通常の 200 円につき 1 ポイントから 100 円につき 1 ポイントに実質倍増します。おまかせチャージを利用してソフトバンク携帯の毎月の利用料を支払うことも可能です。


Source : ソフトバンク

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5