通話機能、Flash Player 10.1に対応した7インチAndroidタブレット「KinPad I600」、SIMロックフリー

投稿日時 12月 20th, 2010 by juggly 投稿カテゴリ » Androidタブレット, Android端末情報
コメントは受け付けていません。



音声通話機能をサポートしたAndroidタブレットは、タブレットの種類からすれば少数派だと思います。Galaxy Tabは音声機能をサポートした端末の中でもハイスペックな部類で現時点ではAndroidタブレットの代表格とも言えるでしょう。しかし、海外には他にも数多くの種類が販売されており、その中でもGalaxy Tabと同様に音声通話機能をサポートした「KinPad I600」を紹介します。

KinPad I600の主な仕様は、

  • OS:Android 2.2(Froyo)、独自UI
  • 筐体サイズ:197×126.5×13.8mm、重さ約350g
  • ディスプレイ:、7インチSVGA(1,024×600)TFT液晶ディスプレイ、静電容量式、マルチタッチ
  • CPU:Freescale IMX515 800MHz CPU(ARM Cortex A8)、Flash Player 10.1対応
  • メモリ:512MB
  • ストレージ:8GBのフラッシュメモリ、32GBまでのマイクロSDHCをサポート
  • カメラ:フロント0.3MP、リアは無し
  • 通信:Wi-Fi b/g、Bluetooth 2.1+EDR、3G WCDMA UMTS/HSDPA (2100MHz), GSM/EDGE (850,900,1800,1900MHz)
  • センナs-:ライトセンサー、Gセンサー、ビルトインGPS(SiRF3)
  • バッテリー:4200mAh
  • 外部端子類:30pinドックコネクタ、USB、3.5mmオーディオジャック、SIMカードスロット、マイク、スピーカー、
と言ったもの。かなりまともな仕様になっています。Freescale IMX515はFlash Player 10.1にフル対応しており、Android 2.2によってブラウザでFlash動画やゲームをプレイできたり、HD動画の再生も可能とのこと。ハイスペックな端末に見えますが、掲載されている動画を見るとやや不安が残る動きをしています。3Gモジュールが搭載されており、SIMロックもかかっていないようですので、対応する通信サービスをj提供しているキャリアのSIMを挿せば使えそうです。



KinPad I600の価格は現在$399(日本円で約33,400円:12月19日現在)

Source : MeriMobile Via : Engadget Korea