KDDI、電子書籍配信サービス「LISMO Book Store」の開始と電子書籍端末「biblio Leaf SP02」の販売を、12月25日(金)から行うことを発表

投稿日時 12月 21st, 2010 by juggly 投稿カテゴリ » ブログ
コメントは受け付けていません。

12月21日、KDDIは電子書籍配信サービス「LISMO Book Store」の開始および、電子書籍端末「biblio Leaf SP01」の販売を12月25日(土)から行うことを発表しました。「biblio leaf SP02」は関西および沖縄での販売となり、その他の地域における発売日は未定とされています。

12月25日から「LISMO Book Store」を利用できるのは「biblio Leaf SP02」のみとなっていますが、今後、au ISシリーズでも利用できる予定。株式会社ブックリスタとの提携により、サービス開始直後は約2万冊もの電子書籍を準備しているそうです。2011年中には10万冊のラインアップを目指すとのこと。

「LISMO Book Store」に並ぶ電子書籍は小説・実用書・ビジネス書などが中心。中には無料の電子書籍もあるそうです。また、サービスにはユーザーレビューなど電子書籍の選定に必要な機能なども提供されるとのこと。

嬉しいことに、2010年12月25日 (土) ~2011年3月末までは販売される電子書籍を半額で購入できるキャンペーンを行うそうです。

「LISMO Book Store」を利用できる「Biblio Leaf SP02」は電子ペーパーを採用した6インチディスプレイ、Wi-FiおよびCDMA 1X WINにアクセスできる機能を持ち、1台で約2000冊もの電子書籍を保存しておくこともできる端末。

主な仕様は、

  • 筐体サイズ:約198×130×9.6mm、重さ約295.8g
  • ディスプレイ:6インチSVGA(800×600)、電子ペーパー(Eインク16階調)
  • メモリ:RAM 不明、ROM 不明、フラッシュメモリ2GB、microSDメモリスロットを搭載
  • ネットワーク:Wi-Fi b/g/n、CDMA 1x EV-DO Rev.A (CDMA 1X WIN)
  • バッテリー:連続閲覧ページ:7,500
  • ガラケー機能:なし
  • カラーバリエーション:ホワイト
  • その他:本体ケース、スタイラスペン同梱
Wi-Fiのほかに3G通信にも対応しているので、Wi-Fiを利用できない場所でも「LISMO Book Store」にアクセスして書籍をダウンロードできるようになっています。また、この端末の面白いところは、ディスプレイ下にソーラーパネルを搭載しているところで、太陽光を使った充電もできる。

「Biblio Leaf SP02」の発売日には主にデータカード向けに提供されている「誰でも割シングル」に加入することで、追加パケット通信料を負担することなく月額525円(税込み)で利用できる「biblio Leaf プラン」も提供されるとのこと。

Source : KDDI(1)(2)

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5