Nexus SにカスタムROM「Bionix NS1」を導入

投稿日時 1月 1st, 2011 by juggly 投稿カテゴリ » Nexus S, カスタムROM
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。
このエントリーをはてなブックマークに追加

既に昨年からNexus S向けCyanogenMod 7 alphaやMoDaCo MCRなどのカスタムROMがXDA-Developersなどで公開されています。今回は「Bionix NS1」というカスタムROMをNexus Sに導入してみました。

[ROM] Bionix NS1 – Team Whiskey – 12/30/10

このカスタムROMはGRH78(OTAアプデ後)に、root化やadb remountの許可設定、busybox、ROM Manager、OI File Managerなどが同梱されたものですが、I/Oスケジューラの変更やメモリ開放の閾値の変更、/data(ext4)のマウントオプション変更による性能改善などが施されています。root化済みのStock ROMに性能を改善するためのチューニングが行われたといったものです。

Bionix NS1の導入方法

Nexus SにClockworkリカバリを導入していることを確認してください。

1.こちらから「bionix-ns1-signed.zip」をダウンロード。Nexus SのマイクロSD(/sdcard)にコピー。

2.Nexus Sをリカバリモード(Clockworkリカバリ)で起動。

3./dataをワイプします。”Wipe data/factroy reset”。※バックアップを取得しておくことをお勧めします。

4.「bionix-ns1-signed.zip」をインストールします。”Install zip from sdcard”→”Choose zip from sdcard”→”bionix-ns1-signed.zip”を選択。

5.リブート。”reboot system now”

以上です。

次の図はQuadrantのスコアですが3Dテスト時にアプリが落ちてしまうためトータルのスコアは参考にならないと思います。このROMではメモリパスコアが低下し、I/Oスコアが伸びています。実際に使ってみて標準Androidと比べて体感するほど差はないように感じましたが、アプリよって差が出てくると思います。まだ初期リリース版ということで今後の機能向上、チューニングによる性能向上に期待したいと思います。

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5