BBK、Vivo X6はiPhone 6sよりも速いとアピール、ティザー画像でアルミユニボディの採用を明かす

投稿日時 11月 11th, 2015 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。




中国メーカー BBK(歩歩高)が発表を予告している新型スマートフォン「Vivo X6」の新たなティザー画像で、同機種の外観を一部明らかにしたほか、iPhone 6s よりもアプリの起動が速いことをデモ動画を通じてアピールしています。

Vivo X6 の詳細はまだ分かっていませんが、MediaTek の 10 コアプロセッサ Helio X20 や4GB RAM、2,100 万画素のメインカメラ、4,000mAh バッテリーなどを搭載しており、一部ではグラフィックス処理専用に 1GB の追加 RAM を積んでいるとも言われています。

今回の画像からは、フルメタル仕様の筐体を採用しており、シルバー、ゴールド、ローズゴールドの 3 色が用意されていることを確認できます。また、画像にも記されている通り、応答速度を向上させた指紋リーダーを搭載しています。

次の動画は BBK が YOUKU で公開したものです(YouTube に転載されています)。左が Vivo X6 で、右に並べている iPhone 6s よりもアプリの起動がワンテンポほど速いことがわかります。iPhone のアプリの起動速度は甘く見てもいたって普通です。速いというよりも、滑らかで安定している点において Android よりも優れているところが特出されるので、iPhone よりもアプリの起動が速いことをアピールしてもあまり意味はなさそうです。



Source : Weibo

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5