HT-03AにカスタムROM「OpenEclair v1.0」を入れてみた

投稿日時 1月 29th, 2010 by juggly 投稿カテゴリ » カスタムROM
コメントは受け付けていません。

久しぶりにXda-Developersを見てみるとなにやら「OpenEclair」なる香ばしいにおいのするカスタムROMが公開されていましたので早速HT-03Aに入れてみました。

どうも、このOpenEclairは以前紹介した「Intension v1.3.2」の続きのようなROMですね。「OpenEclair」って言う名前、OpeniSCSI、OpenSolaris、OpenVPN、OpenLadpなどなど、非常に聞き応えがあると思うのは私だけでしょうか。

[ROM] OpenEclair – AOSP 2.1 Community ROM [Fast] [Stable] [01/27/2010]

OpenEclair v1.0をHT-03Aに入れて各種設定を行い、Androidマーケットからアプリをインストールするのですが、Androidマーケットからアプリをダウンロードできてもインストール時にこけるようです。

”とりあえず”HT-03Aにログインして、/systemを読書きできるようにリマウント、そしてchmo 777 /sdcard/appを実行すればAndroidマーケットからのアプリのインストールはできます。

まあ、恐らくこれ以降のOpenEclairでは解消する問題なので、単にこのROMは使わないと言うことにしても良いかと思います。

ではいつものシステム情報から



以前のIntension v1.3.2ではNexus Oneでよく見るLiveWallpaperが利用できなかったのですが、このOpenEclairではちゃんと動いていたので試しに使ってみると、まあカクカク動作で正直げんなりしました。

これがNexus OneとHT-03Aとのスペックの差なのかな?と思ったりもしました。



しかも、LiveWallpaperの解像度(?)がNexus One用なのか、アニメーションがぼやけて表示されます。こんなものなんでしょう。

Benchmark(Dwang v1.17.1)

  • Graphics:115(127)
  • CPU:123(163)
  • Memory:105(107)
  • Filesystem:30(32)
  • 体感:6(10)
やはりOpenEclairと言っても体感値はIntensionと変わりません。日常利用には耐えられないと思います。