CES 2016 : BLU、AMOLEDディスプレイやUSB Type-Cを搭載した新型スマートフォン「Vivo 5」「Vivo XL」を発表

投稿日時 1月 9th, 2016 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。



米国の低価格スマートフォンメーカー BLU が CES 2016 イベントにおいて、スマートフォン新シリーズ「Vivo」を発表しました。

BLU が発表したのは、「Vivo 5」と「Vivo XL」の 2 機種で、それぞれ $199、$149 という安い価格で販売されます。

どちらも、Android 5.1 や 5.5 インチ 1,280 x 720 ピクセルの Super AMOLED ディスプレイ Mediatek MT6753 1.3GHz オクタコアプロセッサ、PDAF 対応の 1,300 万画素リアカメラ、500 万画素フロントカメラ、USB Type-C 端子、3,150mAh バッテリーを搭載しています。

大きな違いはメモリ容量と筐体サイズの部分で、Vivo 5 は 3GB RAM + 32GB ROM を搭載し、Vivo XL は 2GB RAM + 16GB ROM を搭載しています。

また、筐体サイズは、Vivo 5 が 151.9 x 74.6 x 6.9mm / 141g で、Vivo XL は 155.2 x 82.2 x 7.5 / 152g です。なぜか Vivo XL の方は、横幅がかなり大きくなっています。

まずは Vivo XL が今月発売され、Vivo 5 は 2 月に発売される予定です。

Source : BLU

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5