Sony、1/2.6型で2,250万画素の小型なCMOSイメージセンサー「Exmor RS IMX318」を発表

投稿日時 2月 16th, 2016 by Jetstream 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



Sony は 2 月 16 日、今後のスマートフォンで広く採用される可能性のある 1 / 2.6 型と従来よりも小型な新しい積層型 CMOS イメージセンサー「Exmor RS IM318」を開発し、2016 年 5 月より量産すると発表しました。


IMX318 は 1/2.6 型・単位画素 1.0μm を採用した裏面照射型の CMOS イメージセンサーで、有効画素数は 2,250 万画素になります。

また、像面位相差 AF とコントラスト AF を組み合わせて最速 0.03 秒のオートフォーカス速度を実現した「ハイブリッド AF」に対応し、動画の 3 軸電子式手ブレ補正機能を追加しています。この 2 つを機能を同時にサポートしたのは Exmor RS では IMX318 が最初になります。

IMX318 の特徴は、1 / 2.4 型といった従来のイメージセンサーから機能を強化しつつも、小型化して、さらに画素数を高めたところです。小型になったので従来よりも小さなスペースに搭載することができます。

ほかには、動画撮影において、3,840 × 2,160 ピクセル @ 30fps の 4K 撮影のほか、1,080p @ 120fps や 720p @ 240fps のスローモーション撮影も可能となっています。


Source : Sony

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5