「Google Translate for Android」がアップデート、ついに会話モードをサポート

投稿日時 1月 13th, 2011 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。

Googleの翻訳アプリ「Google Translate」がバージョン2.0にバージョンアップされました。今回のバージョンではなんと、アルファ版で日本語には対応していものの「会話モード」による翻訳が可能になっています。

今回のバージョンアップでは、

UIがリフレッシュ:UIが新しくなりました。また、以前までのバージョンにあった「スター付き」は「履歴」に統合され、「履歴」と「SMS翻訳」がボタンとして表示されています。スター付きは履歴内で確認できます。





言語選択リストボックスのリフレッシュ:UIのリフレッシュに含まれると思いますが、翻訳前・翻訳後言語をそれぞれ独立したリストボックスから選べるようになり、また、それぞれ最近翻訳に使った言語が上部に表示されるようになっています。



会話モードのサポート(アルファ版):現在、会話モードでは英語とスペイン語がサポートされています。翻訳前に英語、翻訳後にスペイン語を指定すると、画面下に「会話モードにする」が表示されます。



「会話モードにする」をタップすると、次の図のように話す言語の異なる二者の言葉を翻訳しながら表示してくれます。それぞれ1つの端末に交互に言葉を入力(音声またはテキスト入力)していく感じです。



Google TranslateはAndroid 2.1以降を搭載した端末で利用できます。

Source : Google Blog

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5