国内MVNOサービスの利用動向調査で楽天モバイルがシェアトップに(ICT総研)

投稿日時 6月 15th, 2016 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。





ICT 総研は 6 月 15 日、今年 6 月に実施した国内 MVNO サービスに関するアンケート調査の結果を発表しました。

ICT 総研が公開した調査結果は多岐に渡りますが、この記事で注目したのは、MVNO サービスのランキングとメーカー別の利用者満足度です。

シェアは、トップが「楽天モバイル」(17.0%)、「OCN モバイル ONE」(16.5%)、「IIJmio」(12.4%)、「BIGLOBE SIM」(9.5%)、「mineo」(9.1%)でした。他社の調査結果の場合、トップシェアは OCN モバイル ONE でしたが、ICT 総研の調査では楽天モバイルが僅差で OCN モバイル ONE を上回っています。

MVNO を購入する上で多くの方が重視するのは、おそらくコストパフォーマンスの良さと通信速度の実測値が速いことだと思います。

ICT 総研の調査結果の中で上記に関わる部分の満足度トップは、「コストパフォーマンスの高さ」が楽天モバイル(82.5 ポイント / 100 ポイント)、「データ通信の品質・安定性」が BIGLOBE SIM(75,8 ポイント / 100 ポイント)、「データ通信の速度」が UQ mobile(71.8%)でした。

Source : ICT 総研

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5