Android端末の自動回転ON/OFFを手軽に切替えられる3アプリを紹介

投稿日時 1月 31st, 2011 by juggly 投稿カテゴリ » Androidアプリ, Androidニュース
キーワード:
コメントは受け付けていません。

キャリアが販売しているAndroidスマートフォンやタブレットは加速度センサーを搭載しており、端末を傾けることで自動的に縦・横の表示を切替えられます。

自動回転をONにしておくと端末を傾けるたびに縦横切替わってしまうのでチェックを外して使っている方が多いと思いますが、ブラウザや動画アプリなどでは横表示の方が見やすい、けど回転させるためにアプリを停止→設定画面を開いいてONしたり、例えばUIにON/OFF機能がビルトインされているGalaxy SやTabでも通知バーを引っ張り出す必要があって不便だと思います。

今回は上記のようにアプリを閉じたり、通知バーを引っ張り出すことをしなくても、自動回転をON/OFFできるアプリを3つ紹介します。

Rotation Toggler

Rotation Togglerは通知バーに自動回転のON/OFFするためのショートカットを表示するだけではなく、端末の「検索ボタン」を長押しして自動回転のON/OFFを切替えることができます。欠点は音声検索を利用できなくなることや(一部のアプリで)検索ボタンを長押しすることで特定の機能を呼び出してしまうことです。といっても実際の使用に支障をきたすほどではないと思います。




Rotate Togglerのダウンロード(マーケット)

Shake’n Rotate

Shake’n Rotateは端末を振るだけで自動回転のON/OFFを切替えることができます。振る操作に対してアプリが反応する閾値(感度)を変更でき、不意なシェイクにも耐えられるものとなっています。欠点は時々反応しないことがあり一回の操作で切替えられないこともあることや閾値をSensitive、Normal、Hardの3種類からしか選べないことでしょうか。




Shake’n Rotatoのダウンロード(マーケット)

Smart Rotator

Smart Rotatorはアプリごとに自動回転のON/OFFを設定できます。通常、自動回転をOFFにしたまま、例えば、ブラウザとFC2動画のみ自動回転させることができます。一度設定するだけで毎回切替えたりする操作は不要ですが、常に自動回転ONなので横に傾けると回転してしまいます。場合によってその点が欠点になると思います。



Smart RotatorとShake’n RotaeまたはRotation Togglerをセットで利用すると、Smart Rotatorで設定した自動回転ON/OFFを強制的にOFFにできますが、自動回転するように設定しているのにも関わらず回転しない場合もあります。


Smart Rotatorのダウンロード(マーケット)

個人的にお勧めなのは最初に紹介した「Rotation Toggler」ですね。

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5