「Moto Z」「Moto Z Play」が本日国内発売

投稿日時 10月 19th, 2016 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。




Motorola の最新フラッグシップスマートフォン「Moto Z」とその廉価版となる「Moto Z Play」がついに本日国内で発売されました。

2013 ~ 2015 年までのフラッグシップ「Moto X」は国内投入されなった(Nexus 6 を除く)ので、Motorola のフラッグシップが投入されるのは 2012 年に KDDI より発売された Motorola RAZR 以来のことになりましょうか。

Moto Z は、厚さ 5.19mm の極薄ボディに、5.5 インチ WQHD 解像度の Super AMOLED ディスプレイや Snapdragon 820 プロセッサを搭載したハイスペックモデルです。価格は 91,810 円(税込み)となっています。

Moto Z Play は Moto Z の外観や Moto Mod 対応などのメインの機能を維持して価格を下げた廉価版で、5.5 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルの液晶や Snapdragon 625 オクタコアプロセッサを搭載。Moto Z よりも厚みは増していますが、バッテリー容量が 3,510mAh と大幅に増えています。また、Moto Z とは違って 3.5mm オーディオジャックを搭載しており、既存の有線イヤホンを利用できます。価格は 58,100 円(税込み)。

Moto Z シリーズでは、マグネットで着脱する外付けパーツ Moto Mods を利用できる点が特徴となっており、国内でも、スタイルカバー、Incipio ofGRID、Incipio ofGRID ワイヤレス充電モデル、JBL SoundBoost、Hasselblad Ture Zoom、Insta-Share Projector が発売されます。

ちなみに、国内版はどちらも 3G と LTE の同時待受が可能なデュアル SIM デュアルスタンバイに対応しています。

(参考)Moto Z(XT1650-03)開封の儀
(参考)JBL SoundBoost レビュー
(参考)Incipio offGRID レビュー
(参考)他の機種との厚さ比較

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5