Googleドキュメントのアプリにタスクを割り振ることのできるアクションアイテム機能が追加

投稿日時 10月 25th, 2016 by juggly 投稿カテゴリ » Androidアプリ
コメントは受け付けていません。




Google の文書作成アプリ「Google ドキュメント」と「Google スプレッドシート」がそれぞれアップデートされ、新たにアクションアイテムの作成に対応しました。

アクションアイテムとは、共同編集中の文書に付けたコメントを利用して、別の共同編集者にタスクを割り振ることのできる機能です。

アクションアイテムはコメント欄で「+」または「@」に続けて Gmail アドレスまたは名前のユーザー名を指定すると設定できます。

新たに表示されるようになった「割り当て先」にチェックを入れると、そのコメントが誰宛のものなのかを他の共同編集者が確認することができるほか、割り振られたユーザーには編集が要求された文書や対応が必要な文書の通知が届きます。

今回はドキュメントとスプレッドシートに追加されましたが、スライドもアクションリストに対応する予定です。

Google ドキュメント」「Gogole スプレッドシート」()

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5