Google、「Google Wallet」のサービス画面をMaterial Design化、国内向けは「Googleペイメントセンター」に改名

投稿日時 11月 2nd, 2016 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。




Google が決済管理サービス「Google Wallet」のサービス画面を刷新しました。また、送金サービスを提供していない国の場合にはサービス名を「Google ペイメントセンター」に変更しました。それぞれ UI も異なっています。

Google Wallet は Google Play ストアの決済に使用するクレジットカードを登録・管理したり、過去の決済履歴や Google Play 残高を表示するなどの支払い周りの機能を提供しています。米国などの海外では、他の Google ユーザーにお金を送金するサービスも提供されており、そういった国では上図のようなサービス画面で提供されています。




日本で送金サービスは行われていないので、「Google ペイメントセンター」が提供されています。機能は以前の Google Wallet と同じで、Material Design 化されて情報が見やすくなっています。

ここでは、クレジットカードやファミリープランのウォレットを管理したり、過去の決済履歴を確認できます。

■ Google Wallet
https://wallet.google.com/

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5