RUNNETのデータを一元管理できるAndroidアプリ「RUN PASSPORT」がリリース、大会エントリー票の代わりとして使用可能

投稿日時 11月 9th, 2016 by juggly 投稿カテゴリ » Androidアプリ
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。




R-bies は、マラソンを中心としたスポーツ大会のエントリーサイト「RUNNET」のユーザーデータを一元管理できる Android アプリ「RUN PASSPORT」をリリースしました。


RUN PASSPORT は、RUNNET と連携して大会エントリー情報や大会結果、記録、RUN マイルなど、RUNNET 上のデータを一元管理できるようにしたアプリで、RUNNET のアカウントでログインするとアプリの利用を開始できます。

アプリでは RUNNET の WEB サイトの情報を取得して表示するのがメインなのですが、トップページには、ユーザー情報やマイル数、エントリー済み・過去のエントリー大会の情報が表示されたり、スライドメニューで他のユーザーデータを項目別に確認できるなど、スマートフォンでの利用に特化した作りとなっています。




また、エントリーした大会については主催者からの連絡事項を表示する「大会掲示板機能」を搭載し、さらに、アプリは会場受付用のエントリー票の代わりとして使用することもできます(一部の大会のみ)。

RUN PASSPORT」(Google Play)

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5