Cerevo、走行データをリアルタイムに共有できる自転車用センサー「RIDE-1」を発売

投稿日時 12月 30th, 2016 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。




Cerevo は、スマートフォンやクラウドサービスと連携して自転車走行中の位置や各種データをリアルタイムに共有できる自転車用センサーデバイス「RIDE-1」を 12 月 19 日に発売しました。価格は 24,800 円 + 税で、Cerevo の直販サイトで販売されています。

RIDE-1 は、9 軸センサーや温度 / 気圧 / ライトセンサーと GPS を搭載し、Wi-Fi、Bluetooth、ANT+ のワイヤレス接続に対応した自転車用センサーデバイスで、走行中のログ取りが可能なほか、ハンドルバーなどに取り付けたスマートフォンでデータを確認するサイクルコンピュータとしても機能します。

利用中は GPS ベースの移動軌跡や走行スピード、ペース、距離、昇降高度、傾斜角などの一般的なサイクリングデータのほか、ANT+ に対応したスピードセンサー、心拍センサー、ケイデンスセンサー、パワーセンサー(後日対応)も利用できます。

RIDE-1 の特徴は、同社提供のクラウドサービスを通じて走行データを外部に公開して、リアルタイムに変化する走行位置や各種データを家族や友人、レースチーム関係者などと共有できるところです。トライアスロンやロードレースの際に現在走行している位置やパフォーマンスを共有するのに最適です。これを行うにはスマートフォンのモバイルデータ接続が必要になります。また、グループ機能を利用すると、複数の RIDE-1 の走行データを一括管理できます。

筐体サイズは 145 × 32 × 23mm で、質量は 75g。IPX5 の防滴対応です。本体バッテリー駆動を採用しており、フル充電で 15 時間のトラッキングが可能です。充電は Micro USB 経由で行います。

発売時の対応スマートフォンは iPhone のみですが、Android アプリのリリースも予定されています。

Source : Cerevo

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5

    None Found