CES 2017 : Qualcomm、2017年のフラッグシップSoC 「Snapdragon 835」のスペックを公開

投稿日時 1月 4th, 2017 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。




米 Qualcomm は 1 月 3 日、同社のハイエンドスマートフォン向け新 SoC「Snapdragon 835」の詳細を発表しました。


Sapdragon 835 はこれまでの Snapdragon 820 / 821 の後継となるマートフォン向けの SoC で、10nm FinFET プロセスで製造されるため前作よりも 35% チップサイズが削減し、電力効率も 25% 向上しました。

また、CPU、GPU、DSP、ISP、ワイヤレス機能を強化しており、スマートフォンやタブレットとしての性能や機能が向上しただけではなく、VR / AR コンテンツの画質やパフォーマンス、さらに、Windows アプリ(Win32)をサポートするなど、それ以外の分野の機能も強化しています。

Snapdragon 835 の CPU は新しい Kryo 280 に刷新されました。これは 4 つの 2.45GHz パフォーマンスコアと 4 つの 1.9GHz 低消費電力コアで構成されています。オクタコア仕様になりました。また、メモリインターフェスは、LPDDR4x 1866MHz デュアルチャンネルをサポートし、CPU とメモリの転送速度がより高速になりました。

DPS は機械学習フレームワーク TensoFlow などをサポートした「Hexagon 682」にアップグレード、IPS はデュアル 14bit の「Spectra 180」にアップグレードされ、手ブレ補正やフォーカス性能が向上したほか、3,200 万画素(シングルカメラ)または 1,600 万画素(ダブルカメラ)の撮影が可能です。

GPU は新しい Adreno 540 にアップグレードされ、4K@60fps の動画再生や HDR10 動画の再生をサポート。グラフィックス用 API として OpenGL ES 3.2、スペックの OpenCL 2.0、Vulkan、DX12 をサポートしました。

ワイヤレス機能では LTE カテゴリ 16 / 13 をサポートした X16 LTE モデムに刷新。また、2×2 IEEE802.11ac Wave-2 や IEEE802.11ad、Bluetooth 5 などの最新規格をサポートしました。

このほか、位置情報機能では GPS / GLONASS/ BeiDou / Galileo / QZSS をサポートし、新世代の急速充電機能 Quick Charge 4 もサポートしました。

Source : Qualcomm

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5

    None Found