Android Payに登録した楽天Edyにオートチャージを設定するには

投稿日時 1月 10th, 2017 by Jetstream 投稿カテゴリ » ブログ
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。


昨年 12 月からまずは楽天 Edy の電子マネー決済のサポートと共に開始された Android Pay ですが、今回はその Android Pay に登録した楽天 Edy カードにオートチャージを設定する方法を紹介します。

先に結論から言ってしまうと、Android Pay では都度チャージすることは可能ですが、今のところオートチャージには対応していないので、Android Pay ではオートチャージを設定することはできません。しかし楽天が提供する「楽天 Edy」アプリを別途インストールすることで、楽天 Edy アプリからオートチャージを設定することができます。

Android Pay は楽天 Edy アプリをインストールしていなくても、Felica を搭載した Android で楽天 Edy による電子マネー決済を行うことができます。そこに楽天 Edy アプリをインストールすると 2 重で楽天 Edy カードが 1 台の Android に登録されてしまうと思いがちですが、実は同じ楽天 Edy カードを Android Pay と楽天 Edy アプリで共有することとなります。

そのためインストールした楽天 Edy アプリからオートチャージの設定をすることで、設定金額以下になるとオートチャージが行われ、それが Android Pay にも反映されるという流れとなります。

実際にこの方法で、残高が 1,000 円以下になったら 10,000 円分オートチャージするよう設定したところ、問題なくオートチャージされ、それが Android Pay にも反映されました。また Android Pay の利用履歴にもオートチャージ分が表示されます。



ちなみに Android Pay のチャージは Google Play に設定しているクレジットカードから行われますが、楽天 Edy アプリのチャージは楽天会員情報に登録しているクレジットカードや楽天銀行などのデフォルトの支払い方法で行われることとなります。

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5