Galaxy Note 7の米国における回収率が96%に達する、現地の航空会社は機内への持ち込み禁止の案内を終了へ

投稿日時 1月 12th, 2017 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。
このエントリーをはてなブックマークに追加




Samsung はこのほど、バッテリーの発火いよって販売を中止し、リコールを実施している Galaxy Note 7 の米国における回収率が 96% に達したことを明らかにしました。


この数字は昨年 12 月に発表された 85% を大きく改善しています。おそらく、同月よりも実施している端末機能を極端に制限するアップデートなどの取り組みがこの改善に大きく影響したと見られます。

市場に出回っている Galaxy Noe 7 の数がリコールの開始時から大幅に減ったことから、U.S. Department of Transportation は現地の航空会社に対して Galaxy Note 7 を機内に持ち込まないよう周知する措置を停止したことを決定しました。

Galaxy Note 7 の発火騒動は収束しているように見えますが、発火の根本的な原因の最終的な報告はまだ完了していません。

Source : Samsung

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5