Google、Google+の写真表示に機械学習技術を導入してデータ量と転送時間を削減

投稿日時 1月 13th, 2017 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード:
コメントは受け付けていません。



Google が Google+ のストリームに表示される写真のデータサイズを大幅に削減しつつ従来よりも画質を良くするために機械学習技術を活用した新機能を導入したことを明らかにしました。

Google は機械学習技術を活用した「RAISR」と呼ばれる機能を Google+ に導入しました。これは、Rapid and Accurate Image Super-Resolution の略で、画像を構成する要素を識別してそのデータベースを作成し、デバイス上では圧縮中に失われた詳細情報をデータベースから迅速に復元します。

RAISR はデータと転送時間を削減するために導入されています。これにより、転送に必要な帯域幅をフル解像度版と比べて最大 75% も削減できるとされています。

Google は Android ユーザーの一部グループのストリームに RAISR を適用した画像の表示をテストしており、今後数週間中に対象を拡大する予定です。週に 10 億枚以上もの画像に適用されているそうです。、

Source : Google

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5