ジャパンディスプレイ、スマートフォン向けのフレキシブル液晶パネル「Full Active Flex」を開発

投稿日時 1月 25th, 2017 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。




ジャパンディスプレイは 1 月 25 日、プラスチック素材の基盤で柔軟性を持たせることに成功した 5.5 インチのフル HD 液晶パネル「Full Active Flex」を開発したと発表しました。

Full Active Flex の特徴はパネルを曲げても割れずに表示を維持する点です。どこまでの曲げに耐えられるのかは明らかにされていませんが、Galaxy S7 edge のように両サイドの折れ曲がった状態でスマートフォンに搭載することも可能と言われています。

同社の従来製品では、液晶分子やその電圧を制御するトランジスタなどの主要部品をガラス基板を利用して製造していましたが、これを薄いプラスチック素材に変えて実現しています。

JDI は Full Active Flex パネルを 2018 年に量産する方針と述べているので、来年のスマートフォンで目にすると予想されます。

今回紹介された液晶のスペックは、5.5 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルの IPS-NEO 液晶で、60Hz / 30Hz / 15Hz 動作をサポート。最大輝度は 500 カンデラとされています。

Source : JDI

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5

    None Found