Google、2月13日からGmailでJavaScriptファイルの添付を禁止に

投稿日時 1月 26th, 2017 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード:
コメントは受け付けていません。
このエントリーをはてなブックマークに追加



Google は 1 月 25 日(現地時間)、電子メールサービス「Gmail」で 2 月 13 日より JavaScript ファイル(.js)の添付を禁止することを発表しました。


電子メールは PC がウィスルやトロイの木馬に感染する一番の原因になっていることは皆さんもご存知の通りで、現在 Gmail では標準の Windows 実行ファイル(.exe)やバッチファイル(.bat)などの多くの実行可能なプログラムの添付が禁止されています。これに JavaScript ファイルが追加されるということです。

2 月 13 日からはメールアーカイブ内で検出された JavaScript プログラムを含め、全ての JavaScript ファイルを添付してメールを送信することができなくなります。

JavaScript は WEB アプリケーションを開発する際に使用されるスクリプト言語で、大抵の場合は WEB コンテンツの一部としてブラウザに読み込まれます。

JavaScript ファイルは動的なコンテンツを提供するのに広く利用されていますが、Windows 上で未知の JavaScript ファイルを開くと、デフォルトでは Windows Script Host 内で実行されるため危険です。

今回の禁止措置はセキュリティの観点から正しい措置と言えます。

Source : Google

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5