HT-03AにカスタムROM「OpenEclair v1.1.5」を入れてみた

投稿日時 2月 11th, 2010 by juggly 投稿カテゴリ » カスタムROM
キーワード: ,
コメントは受け付けていません。

Android2.1(Eclair)の非公式コミュニティ版のOpenEclairの最新版、OpenEclair v.1.15をHT-03Aに入れてみたのでご紹介したいと思います。

[ROM] OpenEclair v1.1.5 – AOSP 2.1 Community ROM [Fast] [Stable] [02/08/2010]

今回のOpenEclairから、カーネルに対する変更が加えられているようで、CPUクロックを580MHzまで上げることが出来るようになったそうです。(ホントかな?)

さらに、Google Mapsでマルチタッチ(ピンチズーム)が出来るようにもなったみたいですね。その他、compcacheのアップデート、Dalvikの変更などなど、中身には結構変更が施されているようです。



注目はやっぱり、CPUクロックをさらに上げることが出来るという機能。ホントかな?と思って、次のコマンドをシェル上で実行しました。

echo 580000 > /sys/devices/system/cpu/cpu0/cpufreq/scaling_max_freq

このコマンドは、デバイスの設定を一時的な設定変更するコマンドなので、HT-03Aをリブートすると設定はクリアされます。
その後、ベンチマークを動かしながら、cat /proc/cpuinfo でクロックを診ていると・・・、クロックは上がっているようですね。


Benchmark(Dwang v1.17.1)
  • Graphics:117(127)
  • CPU:143(163)
  • Memory:105(107)
  • Filesystem:28(32)
  • 体感値:6(10)
やはりHT-03AでAndroid2.1と言うのは若干無理があるのでしょうか。今回のOpenEclair v.1.1.5も以前のバージョンのものと大差ない体感値で、これを常用する気は全く起こりませんでした。

CPUを580MHzにクロックアップ(本当?)した効果も全く感じられませんでした。

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5