Google、AMPプラットフォームにオリジナルURLを簡単に表示する仕組みを導入

投稿日時 2月 7th, 2017 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード:
コメントは受け付けていません。
このエントリーをはてなブックマークに追加




Google は 2 月 6 日、モバイルデバイスから WEB アクセスを高速化する「Accelerated Mobile Page(AMP)」のプラットフォームに記事ソースのオリジナル URL を簡単に表示する新機能の導入開始を発表しました。

AMP では一部の URL が Google 固有の URL に変更した形で提供されるので、リンクを共有する際には URL が長くなったり、人によっては信頼性の無い共有リンクと思われてしまう場合もあります。

そこで Google は AMP で提供される WEB ページにオリジナル URL を表示するためのツールをアドレスバーのタップで表示するようにしました。URL をタップすると、WEB サイトのトップ URL とリンクボタンなどが表示され、リンクボタンをタップすると、AMP ではない通常の URL が表示されます。URL をタップするとオリジナルの URL にアクセスできるようになります。

今まで同様の操作を行うにはアドレスバーをタップして URL の不要な部分をカットするなどの手間がかかっていましたが、今後は簡単にオリジナル URL を表示できます。

なお、この機能は、まず iOS 版の Google アプリと Chrome で提供され、Android 版アプリには今後数週間のうちに提供されます。

Source : Google

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5