LineageOSやOxygenOSに「aptX」のサポートを非公式に追加する方法が公開

投稿日時 2月 14th, 2017 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
キーワード:
コメントは受け付けていません。



LineageOS 14.1 や OxygenOS 4.x などの Nougat ベースのカスタム ROM に高音質なオーディオコーデック aptX のサポートを非公式に追加する方法が XDA で公開されました。

aptX は Bluetooth A2DP プロファイルのオーディオコーデックの一つで、48kHz のサンプリング周波数をサポートしており、2ch で 384kbps の転送レートを実現しています。aptX は安価な製品で比較的多い SBC コーデックだけをサポートした Bluetooth オーディオ製品よりも音質に優れています。

通常、aptX は認証されたスマートフォンでしか利用できませんが、Qualccomm の Nougat 用 Bluetooth モジュールは標準で aptX をサポートしているらしく、コーデックがあれば容易に移植できることが XDA のメンバーによって発見されました。

今回の移植は Moto Z のファームウェアに含まれていた aptX コーデックを LineageOS 14.1 や OxygenOS 4.x に追加することで可能にしています。

XDA への投稿によると、Pixel XL や OnePlus 3、Nexus 6P を含む比較的最近の Snapdragon プロセッサを搭載した端末では今回のハックで aptX が動作するようになったそうです。

aptX コーデックの追加方法はスレッドに添付されている「aptx.zip」をカスタムリカバリから導入することです。

Source : XDA

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5