MotorolaのAndroidスマートフォン、国内投入の可能性は?

投稿日時 2月 28th, 2011 by juggly 投稿カテゴリ » Androidニュース
コメントは受け付けていません。



ようやくMotorolaが国内市場にAndroidを投入することになりました。今まで全てではないものの、Motorolaが発表した多くのAndroid搭載端末を紹介してきました。毎回記事を書いていて思っていたのは、いつ国内に投入されるのか、ということでしたが、XOOMの投入と共に今後Androidスマートフォンも投入されるのではないかと期待が膨らみます。

MotorolaはKDDIの新商品発表後、同社(Motorola Mobility)の事業戦略に関する説明会を開催したらしく、ケータイWatchや日経BPの記事で説明会の内容が伝えられています。記事によると、今までAndroid端末を国内投入してこなかったのは、Motorola自体のAndroidへの移行のために要した時間が影響というのも1つの理由。XOOMの投入理由については、国内の携帯市場がフィーチャーフォンからスマートフォンへと移行している状況であり、その分野に注力している同社のリーダーシップを見せたかったから。Motorola独自UI(ウィジェットなども)+SNS統合管理機能を主に提供する「MotoBlur」へmixiを取り込むといったことが検討されている。充実したMotorolaのスマートフォンラインアップにはXOOMの補完的なものもあり、チャンスがあれば投入を検討する。上記の内容から、年内にもAndroidスマートフォンが国内投入されるのではないかとさらに期待が膨らみます。



ちなみに上図左は、Motorolaが2006年12月に国内発売したM702iSのProduct Redです。たぶんこれ以降携帯電話の発売はされていないと思います。そして右は昨年11月に米国で発売したDEFYです。

Source : ケータイWatch日経BP

関連する記事一覧

1週間の人気記事ベスト5